読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいぶつのブログ

いまさらなことをいまさらに語ります

一度でも「トンデモ」タグを使ったことのある人間は、中世であれば魔女狩りに加担していた人です

久々に思慮深いエントリを発見した。

科学への冒涜者を集団で責め、追い込んでいくことについて|Seiji Bito|note

この歳になって思うことは、人間というのは思ったより「考えること」が苦手な生き物だ、ということです。私は生粋の変態なので「考えること」が割と好きなのですが、多くの人は考えることが嫌いです。隙あらば「考えること」を辞めようともくろんでいます。

たとえば、ちょっと前に流行した「ちきりん」氏の「自分のアタマで考えよう!」は、「自分のアタマで考えよう!」というワードにより思考停止させるため(そして、ちきりん思想にはめ込むため)のものでした。

なので、「自分のアタマで考え」たうえで「ちきりん氏の言っていることはおかしい」という批判をしても、彼女は全く見向きもしませんでした。彼女は「自分のアタマで考え」て反論をしてくれないのです。

佐世保の事件のあと「なぜ人を殺してはいけないのか」とか言うエントリがバズったことがありました。たとえば、「自分も殺されるのが嫌だから」とか言う稚拙な理由が挙げられていました。しかし、これは理由になっていないのです。ジェイソンという殺人鬼がいたとします。斧を持ってあなたを追いかけてきます。あなたの手には拳銃がある。さて、どうしますか?撃ち殺しませんか?私なら迷わず撃ち殺します。

この例では、つまり「自分が殺されるのが嫌だから」という理由が、他者の殺人を正当化する理由となります。法律上も、これは「正当防衛」として罪に問われる確率がグンと下がります。

そもそも、「人を殺してはいけない」のでしょうか?いまこの瞬間も、殺人や戦争などにより多くの人が殺されていっています。これほど普遍的に行われている「殺人」という行為が、なぜ「いけない」と言うのでしょうか?誰がそんなことを言ったのでしょうか?

一応、せっかくなのでこの設問に対する私自身の答えを書いておくと、「私」や「家族」が殺されるのは嫌だが、他人が殺されるのはかまわない、となります。家族を殺そうとしている殺人鬼がいれば、迷わず殺します。私にとって「なぜ人を殺してはいけないのか」なんていうのは、陳腐すぎて考える価値もない設問です。人は、場合によっては殺してもいいのです。

 

まあ陳腐な例ですが、本当の意味における「考える」というのは上記のようなことを言います。「自分のアタマで考えよう」とか「殺されるのが嫌だから」とか、そんなことで答えに至った気になることを私は「思考停止」と呼びます。

そしてここに、「科学」「論理」というワードによって思考停止してしまった人が多く集う「はてな村」というネット論壇があります。彼らは、「科学」「論理」の後ろ盾があれば決して間違えることがないと思っています。そして、自分が「非科学的」と思う言説を徹底的にこき下ろします。そう、集団リンチのように。

そして彼らは「集団リンチ」といわれることを嫌います。なぜなら科学は正しいからなのです。正しいものに基づいて正しい反論をしているのだから、どんな手段を用いても良いのだと。そういうのです。さて、善良な市民の皆様方はどう思われるでしょうか?

「科学」の産物、原子爆弾がアメリカにより日本に投下されました。これにより、「科学者」であったアインシュタインは大変心を痛めていたと聞きます。正しい理論により編み出されたものであっても、正しく行使されなければ間違った結果を生むということに、アインシュタインは科学のパラドックスを思ったでしょう。

「科学」を後ろ盾にした集団リンチ、さてこれはスケールこそ違えど、原爆投下に等しい行為ではないかと愚慮するわけです。

 

彼らは口々に言います。非科学的な、オカルティックな知識で人が死んだらどうすんだと。だけど、輸血拒否で死んだ人より、輸血で死んだ人の数のほうがずっと多いんですぜ。知ってます?

 

追記

id:type-100 殺人が許されると考えられるなら、集団リンチ的行為も程度と場合によって許されるとなぜ思い至らなかったのだろう。思考停止である。

うーん。思考停止以前のミスリードですね。私は「殺人が許される」などとは一言も書いていない。よく読んで。「人は、場合によっては殺してもいい」としか書いていない。上記の例をよく読めば「差し迫った命の危険があれば人を殺すことが許されることもありえる」ということになる。さて一方、はてなーによる集団リンチはどうだろうか?よーく考えてみてね。

id:t-sat まあ、何というか…、魔女は多くの人にとって"「私」や「家族」"を脅かす者だったんだろうね、とは思う。

上述のとおりジェイソンは「いままさに命を脅かすもの」である。だが、「魔女」は憶測で「脅かすかもしれないから殺しとけ」なのである。原爆投下もしかりなのです。思考停止とまでは言わないけど、思慮が浅いです。 

id:Sinraptor 目の前の殺人鬼を殺す事だって本当は許されない。それはやむを得ず究極の選択の末に行われることでなければならない。そして殺した後には罪を償わなければならない。

いや、だから「なんで?」

どうして「目の前の殺人鬼を殺す事だって本当は許されない。」のかな?問題設定自体が理解できないのですね。まあ、そのほうが楽ですからね。思考停止の好例です。

id:north_god 言葉ものすごくミクロの話題で全体を批評されてもちっとも共感できないし、わざと話を破綻させて締めくくる辺り誠実な文章ではない 

 一見合理的に見える文章より、あえて破綻している文章のほうが、いまの俺の感覚にはマッチしているのですよ。共感を求めて書くのではなく、「自分が感じたこと、考えたこと」を書くとこうなるにすぎません。理解される・されないはその次の段階の話です。

自分にコントロールできない「他人に理解される」ということをあんまりがんばる気になれないだけです。そこに価値を感じないと言い換えてもいい。

id:m_shinzaki「科学は正しい」という前提で話している人がいるとすれば、科学が何かわかってない。新たな知識は、常に妥当かどうか検証・批判されなくてはならない。その批判に耐えられないものが「ニセ科学」と呼ばれるだけ

 そのお題目は、俺は好きだけど、実際に「科学」の傘を着るヤツってのは、そうじゃないことが多い。id:locust0138なんてその好例だけど、千分率を理解できないdaibutsudaの言うことなど信じるに値しないなどという、およそ科学的じゃない人格攻撃をしているわけですよ(まあ、これは彼の師匠?NATROMというエセ医師の直伝技のようですが)。千分率を理解できない人が正しいことを言うことだってあるかもしれない。そう考えるのが真の「科学的」態度だと俺は思う。「トンデモ」ラベル張りなんて、それこそトンデモない思考停止=非科学的態度なわけで、本論で問題視しているのはそういうことです。

id:penguaholic 考えることが好きだからといって、決して得意だとは限らないという例なのかしらこれは…

考えるに得意も不得意もない。考え続けることに価値があるのであり、思考停止には価値がないといいたいのだ。お前みたいに人の言葉尻を捕まえることしか考えていないようなヤツよりは、俺のほうが考えることが得意だといえるだろうが、この際それは問題ではない。

「はい論破」「ワロスワロス」「トンデモ」これらがなぜしょぼいか。考えることを辞めているからだといいたいわけだ。

daibutsudaはトンデモ論者、千分率も理解できないうつけもの、それで思考停止して自分が偉くなったような気でいる奴ら、そいつら全員を俺は軽蔑する。

id:Lhankor_Mhy 殺人のメタファで考えると、「科学的」というミームが「非科学的」に殺されそうになっているなら「場合によっては殺してもいい」のではないだろうか、などと。「家族」を守るのも同程度に利己的だよね。

 割とよい視点の考察。そうです。「科学を守る」という義賊は「利己的」なんです。それにきづいたのは立派。

id:linker_b「俺は賢くてお前らみんなバカ」って言ったりすると、可哀想な人を見る目で見られたり、誰にも相手されなくなったりする事が多い中、丁寧に相手してくれるだけでもはてなのコミュニティーに感謝してもいいと思う。

 書いてもいないのに良く俺の本心がわかったね。うならせられるほど賢い人はこんなとこにたむろしてないから仕方ないけどね・・・。

id:NATROM だいぶつさんによれば、「トンデモ」タグを使ったブックマークは魔女狩り加担に相当するそうですが、コメント欄荒らしは何に相当するのでしょうね。「敵」のブログが荒らされていたら自業自得とするくせにね。

窮鼠猫をもかむ、というヤツじゃないでしょうか?

id:yellowbell 逆でしょう。魔女狩りに対して「トンデモ」って言って火あぶりになってます

 「トンデモ」タグをつける人は常識人だと、そう理解しました。常識人だから非常識な魔女狩りに加担するはずがない、それを抑止するほうだと。しかし、時代背景を考えてみてください。ジョルダーノ・ブルーノが地動説を唱えて火あぶりになった時代です。私はその時代に生きていないからよくは知らないですが、当時は「科学」とは異端のものであり、教会の敵だったのですよ。ニーチェが神を殺すまではそういう時代が続きました。

当時もし「はてな」があれば、ジョルダーノ・ブルーノはたくさんの「トンデモ」タグを頂いたでしょう。あなたがどうしたかは知りません。無謬に「トンデモ」をつける人は、いつの時代も思考しておらず、ただ多勢に乗るだけだからです。そして同じく、たくさんの「トンデモ」タグをつけられたガリレオ・ガリレイという人は、そのタグの重みに耐えられず、地動説の論文をネットから消去したことでしょう。(おかげで火あぶりはまぬかれる)。