読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいぶつのブログ

いまさらなことをいまさらに語ります

福岡は、いま「キテる」か?

福岡に風が吹いている。確かに、ネットでは毎日のようにはやし立てられている。

では実際に、福岡市内に居住し、福岡市内で働いている私の目から見てどうであろうか?

確かに勢いは感じる。博多駅前の郵便局がマルイと合体したり、駅前のイルミネーションもスゴい。一時期のルミナリエをしのぐほどだ。

外国人観光客の数も半端じゃない。もっとも、東京などにも外国人観光客はたくさん行っているだろうと思うから、客観的に福岡がすごいという根拠にはならないが、まあ確かにたくさん外国人(主に中国・韓国の方が多いようだが)を見かける。

とはいえ、新宿や梅田などで見るほどでもないというのが現実である。昔に比べれば、の話だ。

福岡の経済は潤っているだろうか?

昔に比べれば、集客には苦労はしていないかもしれない。しかし、外国人にしてみれば東京ではなく福岡に行くのは、ひとえに物価が安い、という理由ではなかろうか。観光資源やショップの数などから見て、東京に対する優位性などないに等しい。食材は確かに新鮮でおいしいものも多いが、東京だってお金さえ惜しまなければ同等以上のものを食べられる。つまり「コスパ重視」で福岡に来ていると考えられる。

従ってあまりお金を落としてくれないように思う。実際、福岡の観光産業が栄えまくって儲かって儲かって仕方ないということはない。ヤフオクタウンに入っているラーメンショップのおばちゃんによると、客が多いときと少ないときの差が激しすぎてたいへんだという。少なくとも飲食店にとっては、急上下する需要よりも安定した需要のほうがいいことはいうまでもない。

むしろ、無償の「お・も・て・な・し」を求めてやってくるような客にいたっては、カネを出さずに過剰なサービスを求めたりするかもしれない。

私自身も、私の周辺でも、ここ数年の間で給料が劇的に上がったりという話は聞かない。私の給料は過去2年据え置きだ。

福岡市が劇的に発展できない要因は、ひとえにその地形にある。

平野部が少なく、神戸市ほどではないが山と海に囲まれ、居住可能面積が少なく、カリフォルニアのように水も慢性的に不足気味である。

地下鉄が余り発展しておらず、現在七隈線というのが天神までしかきていないのだが、これを博多駅まで伸ばすという。しかしこの工事にも何年もかかる。

アイランドシティという人工島が出来て企業や住宅を補助金を出して誘致しているが、鉄道が通っていない(通る予定もない)ということで敬遠されている。去年の末ごろから、分譲価格が見直されたらしく少しずつテナントが来ている感があるが、なにせ3年前はただの大平原だった。ようやくこども病院が移転完了したが、以前の地下鉄空港線唐人町駅から徒歩数分という好立地に比べ、バスでしかアクセスできなくなり、転院を余儀なくされた人も多いと聞く。

なんでも、アイランドシティには最初鉄道を引く予定だったそうだが、現在西日本鉄道が香椎まで走らせている路線を延長する予定だったのだが、西日本鉄道バスがその計画に水を差したというのである。本州の私鉄コンチェルンを知っている人なら不思議に思うだろうが、西日本鉄道の場合ヒエラルキーが西日本鉄道バス>西日本鉄道なのである。普通と逆だ。

西日本鉄道バスが博多や天神からライナーを走らせてはいるが、輸送力の乏しさは見るまでもないだろう。おまけに市内交通の渋滞を悪化させ、なおさら所要時間が延びる結果となった。

そして、福岡最大のメリットといわれている福岡空港であるが、これが実はボトルネックになっている。かなりの面積の居住可能かつ、博多ターミナルに近接したエリアが空港に占められてしまっている。このため、博多や天神には、あまり高いビルが建てられない。福岡空港周辺のエリアは、地下鉄駅にも近いので居住区にもなっているが、平野部の面積は限られるし、飛行機の騒音もひどい。箱崎など飛行機の発着のたびに地鳴りがするのである。最初、車で通りかかったときに「地震か!?」と思ったものである。

ずいぶん昔に福岡空港移転論(アイランドシティや鳥栖など)もあったそうだが、立ち消えとなっている。※ そして今となっては、市内から福岡空港へ地下鉄で10分というキャッチフレーズがなくてはならないものとなり、移転しようにも出来なくなってしまった。

ちなみに、香港では同じように市街地に近接する空港が社会問題になっていたが、その後郊外に移転し、市内と空港は高速鉄道で結ぶいまのスタイルになった。

正直、福岡の都市政策を見ていると場当たり的で、あまり今後の長期的な人口上昇・発展を進めているような感じはしない。それを象徴するかのように、幼児教育など将来の福岡を担うべき人材への投資は極めて削られている。

これが、偽らざる私の感想である。

 

福岡空港移転について追記

大昔に大前研一氏も言っていたことだが、九州新幹線新鳥栖の近辺に、佐賀県と資本提携して新福岡空港を建設すべきだった(もちろん、無駄の塊の有明佐賀空港は作らないで)。博多から新幹線で数分のアクセスとなり、今と遜色がなくなった。実態としては佐賀県に作るので、有明佐賀空港も必要なくなった。新鳥栖から在来線でのアクセスで、佐賀市内や久留米へのアクセスも改善した。福岡空港跡地には経済特区でもこさえる。完璧な政策だったのではないかと思うのだが。

珍しく引用する

新福岡空港にみる財界人の駄目さ加減 / SAFETY JAPAN [大前 研一氏] / 日経BP社

いずれにせよ、わたしからみたら関空を推進していた財界人にはろくな人がいなかったように、広島にも福岡にも大局的、長期的、かつグローバルな視点を持った人材が不足している。

まったく同感である。

福岡市内交通について追記

本来であれば、地下鉄をもっと増設し、ターミナル駅でバスと連絡する通常のスタイルに変更すべきであるが、西鉄バスの権力が強すぎて実現しそうにない。

そこで、名古屋のようなガイドウェイバス(地下ないし高架で)を手始めに博多ー天神あたりに配備すると言うのはどうだろうか?祇園あたりにも駅(バス停?)を作り、都市高速に直結できるようにしておけば、ヤフオクドーム・ももち地区やアイランドシティへのアクセスもかなり高速化する。

日本最強のバス会社を自負するのであれば、それ位してもバチはあたらない。