だいぶつのブログ

いまさらなことをいまさらに語ります

無職の人間に世間は厳しい

そろそろ無職になりそうなだいぶつです。

いやー、無職の人に世間は厳しい。家も貸してくれないし、クレジットカードも作れない。やっぱり、起業は学生のうちにやるに限りますよ。

ホリエモンが若者に起業せい起業せい言うのもいまならよく分かる。大学→新卒採用ってのは「保険」と思わないとダメですね。

40過ぎて無職になると、「起業するんだー!」と言っても年寄りのたわごとと思われて、ただの「失業者の世迷い事」と思われてしまいます。

現在、イケハヤ氏のブログを参考に新しい働き方を模索中です。

自分にはサラリーマンは向いていない!ということがようやくわかってきました。しかし、じゃあ適当な働き方が用意されているかというと、ないっ!

サラリーマンにあらずんば人にあらず!という風潮です。

しかしあのクソくだらないサラリーマンを20年以上努めて、今さらまたサラリーマンに戻ろうと思えないですねー。

よくみんな、あんな苦行に耐えていおられることだな・・・。

会社を辞めて家にいると子供が夏休みで当然のように遊ぶことが求められ、家では商売のネタを考えることすらできない・・・。独身時代ですらちゃんとした商売はできていなかったのに無理ゲーすぎ・・・。

 

まあ、結構長期間失業保険もいただけるようなので、しばらく働き方を模索してみるとします。

だいぶつに仕事をあげるっ!またはお金をあげるっ!という奇特な方がもしいたら、よろしくお願い致します。

 

でもま、収入が途絶える不安はあるものの、サラリーマンを何十年も続けてきてずーっと感じ続けていたこの「頭の上に薄モヤがかかったような感じ」がスッキリなくなったのは、気分いいです。

サラリーマンなんて、糞食らえだ~っ!