読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいぶつのブログ

いまさらなことをいまさらに語ります

人を騙して金を儲けるのは醜い

白状してしまいますが私は人を騙して金を儲けたことがあります。昔、トレードの講師をやっていたのですが、その時「あるトレード結果」を弟子の方々に伝えていませんでした。

トレードの理論自体はしっかりしたもので、嘘はありません。私が「騙した」と言っているのは「私自身がトレード理論を無視したトレードを行い、結果として負った大損」について、弟子の方々に伏せていたということです。

理論自体は正しいのですが、私がそのような大損を負ったということを知っていれば、そもそも弟子の方々は弟子にならなかったかもしれません。

そういう意味では、授業料を「騙し取った」と言えるかもしれません。

これは私の恥ずかしい過去ですが、弟子の方々には伝えていません。これは、理論自体に間違いはないということと、私のトレードミスは「理論を逸脱する方法によって生じたものだから」という言い訳に基づいています。

しかし、嘘は嘘です。人は騙せても、自分は騙せません。私は、一生この負い目を負って生きていくしかないのです。

さて、ネット上で炎上商法についていろいろささやかれて久しく、キングコング西野氏の起こしたネット騒動もその一端として本来であればスルーしておくべき内容でした。

mistclast.hatenablog.com

しかし私は今回、盛大に絡んでしまいました。

それは、私自身に小さい息子がいるのですが、最近絵本を読み聞かせてあげているのですね。で「いい絵本はないか」という物色を時たましているわけですが(基本的には書店でしているのですが、たまたまネットで)、その際にキングコング西野氏の絵本についての件がホッテントリ入りしていたので読んでみたわけです。

私自身は西野氏に対してはポジティブでもネガティブでもなく、ニュートラルな立ち位置だったので、真面目に記事を読んでいました。この記事です。

lineblog.me

たしか私はこの記事にブコメをつけようと最初思ったのですが、面倒になった、あるいは西野氏の狙いが透けて見えたのか、スルーすることにしました。

そして、その後にこの記事をみました。

lineblog.me

私は読み通りだったのを確認したので、この記事に引用されている「ランキング3位」の「せいめいのれきし」を息子に買ってあげて、昨日読ませました。

あとで詳しく考証されていましたが、これはよくできた「騙しによるマーケティング」ですよね。

で、思うのですが(最初の記事を見たときから思っていたのですが)、「自分の息子を食わすために炎上芸人にでもなんでもなってやる!」というイケハヤ氏は私は今では尊敬すらしているのですが、翻って西野氏は「小汚い炎上商法を使って、私たちの息子たちを騙して本を売ろうとしている」わけですね。

絵本自体はいい出来なのかもしれませんが、プロデューサーのマインドがなー。

ま、宮崎駿氏も人間性最悪といううわさも聞きますから、できたものがよければいいのかな。

ようわからんようになってしまいました。