だいぶつのブログ

いまさらなことをいまさらに語ります

日本のネット界隈はイジメ文化の現れ

KYと言う言葉を知ってるかい?

空気読め(Kuuki Yome)略語だそうなんだけど、「宇宙意思」はオカルトと言うくせに「空気読め」ってなんじゃらほい?と言う風になるのが普通のはずだけど、なんだか知らんけどそんなわけのわからんものを読んで行動するのが美徳とされていた時代があった。インディアンか?

というか、今でもそういう風潮は残っている。会社でも残業しろと言わないけどなんか帰りづらい雰囲気なのでついつい残業してしまう。「空気を読んでいる」んだそうだ。でも俺は思うね。そんな空気なんて、読めないほうがよっぽどいいってね。

俺の仮説だけど、イジメもこの「空気読め」から始まってる。クラスのボス的なヤツがいる。ジャイアンみたいな感じじゃない、もっと狡い、ジャイアンとスネ夫を足して二で割ったようなヤツだ。そいつが「次のイジメターゲットは、こいつだ!」という「空気」を出すらしい。この空気を読み損なったら大変。「空気読めないヤツ」と言うレッテルを貼られ、次のイジメのターゲットにされかねない。だから必死で空気を読む。

 

前の@daibutsuda叩きの際でも、ボス(NATROM)が@daibutsudaを盛大にいじめろ、みたいな「空気」を出したみたいだ。そして実際にいじめられた。たいていのヤツはこのいじめに耐えられず、ブログを閉鎖したり、泣きを入れたりする。しかし、俺はかつてネット上である人に迷惑をかけたと自覚し、泣きを入れたことはあるから、悪いと思えば謝罪も詫びも入れる。別に俺はNATROMに迷惑をかけたわけじゃないから、謝る必要なんて1mmも感じていない。そんで、NATROMはようやく@daibutsudaを今までのやり方で叩いても無駄だと言うことを悟ったらしく、最近はちょっかいを出してこない。

死産の件で誤った数値を出して詫びを入れたと書いたがNATROMはそんな詫びなんて入れられた覚えはないみたいなことを言っていた。そりゃそうだ。こっちもテメーになんて詫びた覚えはない。心の中で、この間違った数値でもし損害をこうむった人がいたら申し訳ないと詫びたに過ぎない。

しかしかわいそうなやつがいる。id:locust0138である。こいつはボスの出した「@daibutsudaをいじめろ!」の指令をいまだに受けたままの状態でいる。このブログを最近読み出した人にしてみれば「誰だこいつ?頭のかわいそうなヤツか?」と思われているかもしれないが、そういう過去の経緯があるのだと理解してやってほしい。

根は悪いやつじゃないが、おそらくそういう「イジメ社会」を生き抜いてきた家庭で、脳がそういう風にプログラミングされてしまった、いわば現代社会の被害者なのだから、大目に見てやってほしい。

 

すべては、イジメ社会である日本の風潮が根源にあると思う。

このブログを通して、そういう日本の暗部を少しでも正して生けたらなと思う。