読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいぶつのブログ

いまさらなことをいまさらに語ります

「変われない人」と「変われる人」

私は「変われる人」です。

自分自身を変えてゆける人間です。

だから、今までの死地をことごとく乗り越えてここに存在しています。

ダーウィンは言います。

「生き残るのは、強い種ではない。変化に対応できた種だ」

私は、自分自身の中に、これまでの生物誕生以来、様々な難局を「変化することによって」乗り越えてきたDNAが流れていることを、ひしと感じています。

本来、人は変われます。

しかし、年を取ると「変われなくなる人」がぼちぼちでてきます。

同じように「変わってきた」先祖のDNAを持っているのに、なぜ彼らは変われなくなってしまうのか。私にはわかりません。

私は「変われるから」なのです。

年を取って「変われなくなった人」は「老害」と呼ばれます。

老害」は、「経験」という常套句を用いて、自身の正当性を主張し、あまつさえ他人の人生に干渉をしようとします。

干渉された人の中には、本来「変われる人」から「変われない人」に変化してしまう人が少なくありません。

でも考えても見てください。20億年の生命の歴史において、数十年ぽっちの人生を「経験」などと声高に主張することの愚かしさを。

私のこの細胞の中に息づく「変化のDNA」は、そんなものには一切惑わされません。

こちとら、20億年です。数十年ぽっち、なんだっていうんだっていう話なんです。

私は、これからも変わり続けます。死ぬ直前まで変化し続けます。

変化をやめることは決してしません!

それが、生命体としての結論です。