読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいぶつのブログ

いまさらなことをいまさらに語ります

「長期投資なら絶対に損しない」なんてことは絶対にないのであります

まあ、景気が良くなってきている証拠なのでしょう。定期的に投資のネイティブ広告みたいなやつが出てきますね。

いわく、長期投資は絶対に損しないのだ!とか。実体は投資信託の宣伝だったりします。

その人にはTwitter投資信託には「解散リスクがある」ということを教えてあげたら、それ以降は何も言ってこなくなりました。

現物株を延々と保有するなら、下落時に売りさえしなければノーリスクといえます。

ただし、その場合でも倒産リスクはあります。

なので分散させるわけですが、なら分散投資している投資信託ならノーリスクかというと、当然そんなことはありません。

投資信託はノーリスクなら、サブプライムショックもリーマンショックも起こりえません。

「セゾン」というビッグネームだからという思いもあるのでしょうが、「リーマン・ブラザーズ」も日本ではともかく米国ではセゾンやゴールドマンサックスと匹敵するようなビッグネームですからね。

自分の大切な資産を赤の他人に預けてノーリスクということは、ございません。

特に、投資信託は買うときに取られる手数料や信託報酬という、「リスク」が顕在的に存在します。

信託報酬が1%のファンドでは、利回り1%未満だとマイナスになるわけで、よりリスクが高いとも言えるわけです。

 

素直に考えれば日経連動型のETFとかを買えばいいはずなんですが、あえてアクティブファンド。理論的にインデックスファンドより利回りが落ちるとされるアクティブファンドを勧めて「長期投資は安全だ」ってのはどうなんでしょうかね?

(アクティブファンドは、利回りが良くても手数料が高いので相殺されてしまい、トータルではインデックスファンドより利回りが劣ります)。

5年や10年スパンの運用実績で判断できるもんでもございません。ファンドマネージャーが変わってゴロッと変わる恐れもあります。それがインデックスファンドにはない、アクティブファンド特有のリスクでしょう。

ゴロッと投資方針を変えるようなことをするから、短期的に高い利回りを実現できるわけで、それで集客しているわけでしょう。ある程度客が集まったら、パッシブな投資に切り替えるのかな?いよいよ、やばくなったら解散覚悟で無茶な戦略を打ったりする可能性すらありますよね。

怖くないのかなー。

ドナーカードには何も書かないのであります

脳死の方の意思は示されていないのに、家族が認めたので臓器移植が行われたというニュースがありました。

私は、昔から一貫して「何も書かない」のであります。

f:id:daibutsuda:20170307182450j:plain

基本的には遺族に面倒をかけたくないので拒否であります。

臓器提供者の遺族は、無償で様々な労苦を負わされます。なんとなくかっこいいとかそんな理由で選ぶべきものではないのであります。

臓器を提供したあとで後悔した話などはよく聞きます。

しかし、遺族がもし臓器を提供することに何らかの精神的見返りを得られるとしたら?

その時、私は死んでいるわけですのでなんにもアドバイスは出来ません。

「あなたのしたい様にしてください」

そういうことです。

沈黙こそが私の遺志です。

最愛の家族に、私が死んだ後処理、様々な精神的労苦を負わせてさらになおさら「臓器を提供せい!」などという指示を死んでいるくせに出来るような立派な人間ではありません。

小学校のとき、よく「沈黙は金」と言われて叱られていました。おしゃべりだったのです。

そんな私が「沈黙」が最善の選択であると考えるようになったのだから、年を食ったということなのでしょうね。

賽銭システムが実現

ずいぶん昔に、だいぶつに賽銭を送れるという触れ込みで、Paypalにアカウントをこしらえたことがあるのですが、その際送金額を10円としていました。

何名か、本当に賽銭を送ってくれた方がいらっしゃったのですが(ありがとうございました!)、なんと全部手数料で持っていかれてしまい、私のフトコロには一円も残らなかったという顛末があります。

ビットコインが登場してから、決済手数料が低額化しこのような「賽銭システム」が実現されることを期待していたのですが、ようやくこのようなサービスが登場してまいりました。

cloudtip.jp

現在、キャンペーン中につき上記からアカウントをこしらえていただくだけで、こしらえていただいた方、そしてだいぶつの双方に「賽銭」が発生する状態です。

そのうち「賽銭ボタン」にも挑戦してみたいと思っております。

よろしくお願い申し上げます!

 

ポイントがたまるサイト

ビットコインに始まって、いろいろ口座開設していたら、普通に口座開設するよりお得(ポイントバック)を得られるポイントサイト熱が再浮上してしまいました。

ポイントサイトは、かけた時間の割に儲からないイメージではありますが(時給50円とか)、時間を持て余しているときには、変に、トレードなどをすると損してしまうことが多いので、ポイントサイトでポイントゲットするのが精神衛生上もいいかもしれません。

ネットゲームをしていたら、時給タダもしくは有料なので、その時間をポイントサイトでシコシコポイント獲得に費やしていたほうが、生産的?というふうにも最近では思うようになってきました。

最近見つけたのがこのサイトです。

お小遣いサイトはモッピー!貯めたポイントを現金やEdyやWebMoneyと交換できるよ♪ | モッピー

たとえば、今(2017年1月25日時点)だとSBI FXの口座を開いて1回取引するだけで、12500ポイント(12500円相当)ゲットできます。

取引は損するリスクもありますが、数秒で決済するようにすれば、悪くても数百円の損ですむはずです。

やり方はFX会社ごとに異なりますので、たとえ経験者でもやり方をよく理解してから、本番取引するようにしてください。最近のFX会社では、デモトレードができるところも増えてきています。

モッピーではためたポイントをビットコイン(bitFlyer口座)に交換することができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインは最近価格も安定しているので、そのまま置いておくもよし、日本円に換金するもよしなのですが、日本円に換金すると手数料が少なからずかかります。

おすすめは、BitFlyerの送金機能を用いて、amatenというサイトでアマゾンギフト券などを割安で買うことです。

amaten.com

インターネットに自由に触れられる人は、こういう技を活用してお小遣いを稼ぐことができてしまいます。

是非ご活用ください。

人を騙して金を儲けるのは醜い

白状してしまいますが私は人を騙して金を儲けたことがあります。昔、トレードの講師をやっていたのですが、その時「あるトレード結果」を弟子の方々に伝えていませんでした。

トレードの理論自体はしっかりしたもので、嘘はありません。私が「騙した」と言っているのは「私自身がトレード理論を無視したトレードを行い、結果として負った大損」について、弟子の方々に伏せていたということです。

理論自体は正しいのですが、私がそのような大損を負ったということを知っていれば、そもそも弟子の方々は弟子にならなかったかもしれません。

そういう意味では、授業料を「騙し取った」と言えるかもしれません。

これは私の恥ずかしい過去ですが、弟子の方々には伝えていません。これは、理論自体に間違いはないということと、私のトレードミスは「理論を逸脱する方法によって生じたものだから」という言い訳に基づいています。

しかし、嘘は嘘です。人は騙せても、自分は騙せません。私は、一生この負い目を負って生きていくしかないのです。

さて、ネット上で炎上商法についていろいろささやかれて久しく、キングコング西野氏の起こしたネット騒動もその一端として本来であればスルーしておくべき内容でした。

mistclast.hatenablog.com

しかし私は今回、盛大に絡んでしまいました。

それは、私自身に小さい息子がいるのですが、最近絵本を読み聞かせてあげているのですね。で「いい絵本はないか」という物色を時たましているわけですが(基本的には書店でしているのですが、たまたまネットで)、その際にキングコング西野氏の絵本についての件がホッテントリ入りしていたので読んでみたわけです。

私自身は西野氏に対してはポジティブでもネガティブでもなく、ニュートラルな立ち位置だったので、真面目に記事を読んでいました。この記事です。

lineblog.me

たしか私はこの記事にブコメをつけようと最初思ったのですが、面倒になった、あるいは西野氏の狙いが透けて見えたのか、スルーすることにしました。

そして、その後にこの記事をみました。

lineblog.me

私は読み通りだったのを確認したので、この記事に引用されている「ランキング3位」の「せいめいのれきし」を息子に買ってあげて、昨日読ませました。

あとで詳しく考証されていましたが、これはよくできた「騙しによるマーケティング」ですよね。

で、思うのですが(最初の記事を見たときから思っていたのですが)、「自分の息子を食わすために炎上芸人にでもなんでもなってやる!」というイケハヤ氏は私は今では尊敬すらしているのですが、翻って西野氏は「小汚い炎上商法を使って、私たちの息子たちを騙して本を売ろうとしている」わけですね。

絵本自体はいい出来なのかもしれませんが、プロデューサーのマインドがなー。

ま、宮崎駿氏も人間性最悪といううわさも聞きますから、できたものがよければいいのかな。

ようわからんようになってしまいました。